ケールの青汁の成分とは

ケールといえば青汁で有名ですが、ケールの青汁の効能について検証しました
MENU

ケールの青汁の成分とは

青汁の原料には様々ありますが代表的なものといえば「ケール」が挙げられます。 ケールはキャベツの1種でアブラナ科の植物です。キャベツは結球しますがケールは不結球性で、一年中栽培出来る生命力の強い緑黄色野菜なのです。それが青汁に多く用いられる理由でもあります。

ケールに含まれる成分にはビタミンAが人参の2倍、カルシウムが牛乳の2倍、そのほかにもミネラルや食物繊維、葉緑素、葉酸、タンパク質などが豊富に含まれており、その栄養価の高さには定評があり「野菜の王様」と呼ばれるほどなのです。。

中でも抗酸化物質であるルテインの含有量が非常に多く、ガンや成人病の予防にも効果があるとされているのです。特に肺がんや胃がん、直腸がんなどに対する効果に大きな期待が寄せられています。ケールに含まれれるスルホラファンという物質が乳がんに効果があることも報告されています。

またケールに含まれるビタミンEやビタミンCも抗酸化作用があり、身体をサビさせない成分であり、血糖値をおさえる効果があると言われていることから、糖尿病や高血圧にも効果を発揮するのです。

ケールに含まれる成分のうち、食物繊維や葉酸、ビタミン、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどのミネラルが豊富な事から、ダイエットの際にもお肌の良い状態を保つことに効果があり、ダイエットの際の栄養補給に最適なのです。

そして最近では葉酸は妊婦さんや胎児に必要不可欠な成分であることが明らかとなっており、妊娠中から産後の栄養補給にも効果的なのですが胎児に影響は無いのかと心配される親御さんには掛かりつけのお医者さんに相談してから飲まれることをお勧めします。

更にケールには最近の現代人に多く見られるアレルギー症状の緩和や花粉症に効果的というデータもあります。 健康を目的として考えられた青汁でのケールの役割はとても重要だと言うことがこのデータから見ても伺えるので青汁にとってケールとは大事な成分として使用されていることが理解できます。 "

Choice

ケールといえば青汁で有名ですが、ケールの青汁の効能について検証しました
BLOG
新着情報
【HOME】

青汁が糖尿病改善に役立つ

高血圧対策は食習慣・生活習慣の見直しから始めましょう

妊婦と子どもの青汁について

ケールの青汁の成分とは

明日葉青汁とその効果について
Copyright© ケールの青汁の成分とは Allrights reserved.